トップページ > 動物分子生物学研究室 

訪問者数

COUNTER3313
長浜バイオ大学 アニマルバイオサイエンス学科 動物分子生物学研究室
Laboratory for Animal Molecular Biology
Department of Animal Bio-Science, Faculty of Bio-Science, Nagahama Institute of Bio-Science and Technology, 1266 Tamura-cho, Nagahama-shi, Shiga 526-0829, Japan

感覚多様性の分子生物学と希少動物調査の研究室です。

 


 
お知らせ
12345
2019/07/17new

7/13(土)湖北動物プロジェクトでオオサンショウウオ生息河川調査へ

| by:o_saito
7/13(土)、湖北動物プロジェクト(学生さん16人)でオオサンショウウオが
生息する高時川支流に生き物調査へ行ってきました。今回は、9/8(日)の
本調査に向けての練習も兼ねての事前調査。研究室からは、5人が手伝い
スタッフ。教員4名(齊藤・倉林・竹花・水戸)。まずは、大学から道具
を持って出発準備。
高時小ビオトープ前に集合。学生さんはバスで来ました。
ビオトープからいざ出発。結構、荷物が多い。
途中、魚が上流に行けるように川に設置された魚道やオオサンショウウオの
人工巣穴を見学した。
そして、山に入って行きます。
川へアクセス。茂みの向こうがオオサンショウウオのいる川。
いよいよ生き物調査を開始。皆、ガンバレ。
流れがゆるいところには、イモリが多かった。
熱心に調査中。
アブラハヤやイモリの他、なんとオオサンショウウオの幼生を2匹も発見。
特別天然記念物なので、許可を持つ先生だけが丁寧に扱います。
幼生とはいえ、小型サンショウウオくらいのサイズ。2匹はどうやら年齢が違いそう。
私がオオサンショウウオ幼生を見つけた!
私がオオサンショウウオ幼生を見つけた2!
モリアオガエルの卵塊もたくさんあった。自然が豊かだ。
だから、アカハライモリも多い?上から落ちてくるオタマジャクシを餌にするのかも。
更に上流へ。
上流調査。なかなか生き物がいない。


暗い谷。
奥に何かいます!! オオサンショウウオかも?
結局、なんだか分かりませんでした。でも、大分深い穴が見つかりました。
巣穴に使っているのかもしれません。
ヒキガエルもいました!!
疲れた先生と先輩。

じゃ、昼ごはん食べたし、下界に帰ろうか。 お疲れ様でした。

12:40 | 投票する | 投票数(0)
2019/07/13

7/13(土)ミニ両生類水族館最終準備

| by:o_saito
7/13(土)ミニ両生類水族館最終準備。みなさん、ご苦労さん。
まだ、作成中。
アズマヒキガエル水槽をレイアウト中。
カエルもいい子で待っている。
大分完成に近づいた。

15℃の低温水槽も用意。ヒダサンショウウオとエゾサンショウウオを入れる。

僕は、エゾサンショウウオ。

15:36 | 投票する | 投票数(0)
2019/07/11

7/9(火)安曇川で環境DNA調査

| by:o_saito
7/9(火)、中川君たちが安曇川で環境DNA調査に行ってきました。
河川水を汲んでオオサンショウウオのDNAが検出出来ないか調査します。
これは中流域付近。
上流の一つ針畑川。なんか涼しそう。
琵琶湖への河口付近で温度測定。
さあ、オオサンショウウオDNAは検出されるか??

17:13 | 投票する | 投票数(0)
2019/07/10

オープンキャンパスでミニ両生類水族館

| by:o_saito
7/14(日)のオープンキャンパスでミニ両生類水族館をすることにしました。
ミニ水槽を用意して、研究室内で分担して以下の15個の展示アクアリウム
を日曜までに作ります。みんな頑張りましょう!
ニホンアカガエル(上野)、カジカガエル(田中)、モリアオガエル(城本)
シュレーゲルアオガエル(北野)、アマガエル( 臼井)、ヌマガエル(倉中)
アズマヒキガエル(片渕)、ツチガエル( 野口)、タゴガエル(西川)
ヤマトサンショウウオ(尾沢)、ヒダサンショウウオ( 岡本)、
エゾサンショウウオ(中川)、アカハライモリ( 辻)、シリケンイモリ(浅原)
イベリアトゲイモリ(薮下)。
まずは届いた水槽。
網と木材で水層のふた作り。
こうなります。
中に敷石やコケ、水を入れ、レイアウト。
こちらは廊下で作業中。

とりあえず出来た!?

出来上がったかに見えたカジカガエルのアクアリウム。
カワイイ!!
一見幸せそうなカジカだったが、その後網の隙間から逃走。
フタは、改良することなった。
まだ、たくさん作らなければなりません。がんばりましょう。

19:39 | 投票する | 投票数(0)
2019/07/04

2018年度卒業生から便り

| by:o_saito
7/4(木)、2018年度卒業生から便りがいくつか届きました。ありがとう。
皆、元気で頑張っているようです。

学部卒業 田口さん 株式会社エルザクライス(エルザ動物病院グループ)/動物看護士

「株式会社エルザクライス(エルザ動物病院グループ)」は、飼い主さまに安心してご来院いただける動物病院として地域の動物医療に貢献しています。また、動物病院は動物の為にあるという信念のもとで、動物自身のことを第一に考える診療を行っています。現在私は動物看護師として診察・手術の補助、様々な検査、入院している動物のお世話などを行なっています。専門学生とは違い知識や経験が浅く、覚えることがたくさんあるのですが、その中で顕微鏡の使い方、臓器の働きなど大学で学んだことを活かせることも多くあります。
大変なこともありますが、動物が元気になっていく姿や、嬉しそうな飼い主さまを見ることで大好きな動物と飼い主さまの役に立てていると実感し、そこにやりがいを感じています。まだまだ経験や知識不足で悔しい思いをすることがたくさんありますが、日々経験を積んで勉強し、1日でも早く動物や飼い主さまに安心を与えられるような動物看護師になれるよう頑張りたいです。



学部卒業 上村君 アピ株式会社・品質管理

長浜バイオ大学を卒業し、アピ株式会社で健康食品の製造に携わっています。

私は大学で学んだ知識を生かし人の健康を守れるような仕事がしたいと思いこの会社に入りました。今はその夢を叶えるために毎日研修と勉強をしています。自分の作ったものがお客様のもとに届き、その人の健康を守っている思うと、とてもやりがいのある仕事だと感じています。長浜バイオ大学では自分の興味のある分野を専門的に学べるだけでなく、食品衛生管理者など多くの資格を取得することができます。皆さんもぜひ長浜バイオ大学で多くのことを学び社会に貢献する人になってください。


修士卒 浅野さん ダイヤ製薬・品質管理

私は現在製薬会社の品質管理として、医薬品の原料や出荷する製品の品質に問題ないか試験する業務を行っています。大学で培った化学的な観点を生かして、実際に自分の手を動かして試験ができる職業に就くことができて嬉しく思っています。牧場実習や野外調査などバイオ大学ならではの講義や実習がたくさんあるので、興味を持ったことにはぜひチャレンジして充実した大学生活を送ってください!



修士卒 高橋さん 株式会社新日本科学・研究職

私は、医薬品・医療機器・再生医療製品などの開発に必要な非臨床試験を行っている株式会社新日本科学に就職しました。

現在私は、医薬品の開発において、その信頼性を保証する省令(GLP省令)を学んだり、実際に薬剤の生体内濃度分析や血中の抗体価測定を行う部署で研修をしたりすることで、当社が行っている試験にどのようなものがあるか肌で感じているところです。実際に試験を行っている現場で研修を行っていると、どの先輩社員も試験のスペシャリストばかりで日々学ぶことが多くあります。会社内の雰囲気は先輩社員は優しい方々が多く新入社員である私がとても質問等しやすい環境です。さらに、同期間の仲も良く和気あいあいとした雰囲気があります。

また、実際に薬を必要としている患者さんに届ける医薬品の開発に関わることができ、私自身の仕事のやりがいに繋がっています。

これからどんどん新しいことを吸収し、いち早く新薬を世に送り出せるよう様々な試験に携わることを目標に今後も頑張っていきたいです。


11:30 | 投票する | 投票数(0)
2019/06/29

6/26(水)オオサンショウウオ看板

| by:o_saito
6/26(水)、大谷川の横にオオサンショウウオの保護啓発看板が出来、除幕式がありました。
研究室からは水戸先生の他、学生さん5人が参加。齊藤先生は大事な会議で不参加。
地元小学生と看板前で記念撮影。
水戸先生が齊藤研でオオサンショウウオのどんな調査・研究をしているか説明。
参加した学生さん。
下流に流されて発見されたオオサンショウウオ。
この時、川に放流してあげました。
近くの水路にオオサンショウウオ幼生??
残念ながら、これはアカハライモリ。
今年もたくさんオオサンショウウオ幼生が見つかるといいな。






16:53 | 投票する | 投票数(0)
2019/06/17

カワムツ君シマドジョウを食べちゃう

| by:o_saito
6/11(火)、夜に気が付くと、小さいカワムツが何かを大きいもの
をくわえています?
何だろうとよく見てみると、自分よりちょっと小さいシマドジョウ
を頭から飲み込んでいます!頑張り過ぎだ。

19:05 | 投票する | 投票数(0)
2019/06/06

アニマル一回生・蛍観察会

| by:o_saito
6/5(水)、アニマル一回生希望者が、実習後、蛍観察会に行きました。先日下見した水路。
7時過ぎに大学を出発しましたが、水路に着いた時は、まだ明るく、蛍くんはみつけられません。
日が長いので、なかなか暗くなりません。ちょっと待ちくたびれた感じ。
やっと、暗くなってきた。
しっかり蛍が見えるようになったのは、8時過ぎだったかな。
下見の時より少し少な目だったけど、皆、感動の声を上げていました。
見れて良かったです。参加してくれて、ありがとう!!

13:45 | 投票する | 投票数(0)
2019/06/04

バイオ大横の水路に蛍が乱舞

| by:o_saito
そろそろ長浜バイオ大横の琵琶湖に向かう水路に蛍が飛ぶ季節。アニマル一回生の実習後に見に行く予定にしました。今日は、どの程度蛍が出てきたか、7時半ごろ研究室の学生さんたちと出かけました。8時から8時半になったら、久しぶりに大感動!!
メチャきれいです。やっぱり自然が豊かだ。ずっとこうであってほしい!
みんな揃って飛び始めました。

なかなか見事でした。水曜に1回生をつれていくのが楽しみ。

11:55 | 投票する | 投票数(0)
2019/05/27

研究室前水槽の新人

| by:o_saito
学生さんたちが先週、魚たちの水槽を90cm水槽に模様替え。
新人の魚が加わりました。
滋賀県野洲川由来(城本君)のカマツカ君が入りました。どこにいるか分かる?
砂の中からあたりを伺っています。砂から出たらこんな感じ。
また、メチャわかいいギギも加わりました(京都・亀岡・アニマル一回生)。
動きとヒゲに愛嬌があるなー。
拡大するとやっぱりヒゲは8本。背中にトゲがあるらしい。
君は、本当にギギって鳴くの??

19:41 | 投票する | 投票数(0)
12345


〒526-0829 滋賀県長浜市田村町1266 TEL 0749-64-8100(代)/ FAX 0749-64-8140