トップページ > 動物分子生物学研究室 

訪問者数

COUNTER37027
長浜バイオ大学 アニマルバイオサイエンス学科 動物分子生物学研究室
Laboratory for Animal Molecular Biology
Department of Animal Bio-Science, Faculty of Bio-Science, Nagahama Institute of Bio-Science and Technology, 1266 Tamura-cho, Nagahama-shi, Shiga 526-0829, Japan

感覚多様性の分子生物学と希少動物調査の研究室です。

 


 
お知らせ
12345
2021/12/04new

12/4 千石谷ビオトープ生物調査

| by:o_saito
12/4 千石谷ビオトープビオトープの生物調査を実施してきました。

会場は米原・番場のウイングプラザ。かつて生物層が豊かだった千石谷に
最終処分場ウイングプラザが作られました。その設置前に生き物たちを
長浜バイオ大と米原高校の学生でビオトープに移動しました。その現状の調査です。

大学集合、車で会場へ。会場に着きました。結構寒い。

全員、胴長をはいて準備できました。

開始セレモニー後、A ゾーンとBゾーンに分かれて調査開始。

寒い中、頑張りました。

山側で木陰の多いAゾーンでは、イモリ・ツチガエルが沢山発見されました。

その他、希少種ホトケドジョウや大型のオニヤンマのヤゴ。

日向のBゾーンは、沢山のメダカ、ドジョウ、コミズムシが見つかった。

熱心に同定中です。

最終成果の発見生物リスト。多様な水生動物が見つかり、またAとBで
生物層が大きく異なることが再認識でき、大変有意義な生物調査になりました。
皆さん、お疲れ様でした。
18:59 | 投票する | 投票数(0)
2021/12/04new

「滋賀の希少動物サンショウウオが危ない!」動画公開

| by:o_saito
長浜バイオ大主催の市民土曜講座で「滋賀の希少動物サンショウウオが危ない!」
を公演しました。その動画が以下で公開されています。
滋賀のオオサンショウウオの話です。
https://www.nagahama-i-bio.ac.jp/withregion/2021年度-市民土曜講座の動画を公開/
18:35 | 投票する | 投票数(0)
2021/10/06

TRPチャネル ノーベル賞

| by:o_saito
2021年度ノーベル賞にTRPチャネルが選ばれた!
研究室の研究対象TRRチャネルの発見者David Julius教授とArdem Patapoutian教授
がノーベル賞を受賞するのは、直接は関係ないけど、
やっぱり「うれしい!!!」。
TRPチャネルは世界が注目するセンサー、研究頑張ろうぜ!

12:05 | 投票する | 投票数(0)
2021/07/22

7/17 高時川支流オオサンショウウオ幼生調査(湖北動物プロ I )

| by:o_saito
7/17 湖北動物プロ ジェクト I でアニマルバイオ1回生と高時川支流で
オオサンショウウオの幼生調査を行いました。
今回も3密を避けて、申し込み先着7名で実施。漏れた学生さんゴメン。
事前打ち合わせで川の下流に入ると地元・オオサンショウウオを守る会の人が
直ぐにオオサンショウウオ発見!

プロ ジェクト 学生到着後、オオサンショウウオを守る会の紹介と現状の説明。
ありがとうございました。


実際の調査開始。世の中はメチャ暑だけど、沢は気持ちいいい。


今回はイモリばかりでしたが、最後に
守る会の人がオオサンショウウオ幼生発見。








18:20 | 投票する | 投票数(0)
2021/06/05

5/30 ヤマトサンショウウオ救出作戦2

| by:o_saito
5/30 ヤマトサンショウウオ救出作戦1 からの続きです。
保護池に放流しました。

保護池の幼生。

ご苦労様でした。助手の水戸先生、菅井君と松永君が手伝いました。

終了後の保護池。 今年も元気に成長して田村山に帰ってください!!

15:15 | 投票する | 投票数(1)
2021/06/05

5/30 ヤマトサンショウウオ救出作戦1

| by:o_saito
5/30(日) 湖北動物プロジェクトI(講義)で、ヤマトサンショウウオ救出作戦を実施。密を避ける為、抽選で参加者5名に絞りました。参加出来なかった学生さんゴメン。次の活動もあります。もともとヤマトが産卵に来てた水路が水枯れしてしまうので傍に保護池を作りました。毎年、卵をその保護池に移動して来て、昨年はついに全てのヤマトが保護池に産卵に来るようになっていました。
しかし、今年は何故か、1/3くらいが水路に産卵してしまいました。違うお母さんヤマトが久しぶりに産卵にきたのでしょうか?理由は謎ですが、とにかく将来水路は水枯れしてしまうので、今回の活動では、水路からヤマトサンショウウオ幼生を救出して保護池へ移動するものです。ついでに保護池修理もしました。開始前は年期が入ってこんな感じ。屋根用支柱も壊れてました。

まず看板直しました。

さてヤマトサンショウウオ幼生の救出です。
14:34 | 投票する | 投票数(0)
2021/05/16

5/13 電気生理実習終了

| by:o_saito
5/13 怒涛の60名の電気生理実習が終了した。
先生もTAも疲れた! 
翌日、パートさんに既に片づけtて貰ったインジェクターと実体顕微鏡。
君たちも、お疲れ様。

ウーパールーパーも疲れたのだ。

終わって元気になった?
17:00 | 投票する | 投票数(0)
2021/05/12

5/11 モリアオガエル探索

| by:o_saito
5/11 4回生小林君たちが、卒研に向けてモリアオガエル探索出かけたようです。
外では、いろいろカエルが鳴き始めたしね。
結構やぶに入って頑張っています。

トンボの写真? 仲間の写真?

これは、シュレーゲルの卵?

13:14 | 投票する | 投票数(0)
2021/04/30

4/30 シリケンイモリ幼生

| by:o_saito
4/30 一回生加藤君が自宅で飼っているシリケンイモリが産卵。
飼いきれなさそうということで、そのふ化幼生を研究室で飼育してみることになった。
しばらくたったけど、皆元気そうだ。

イトメとミジンコをよく食べているのか、お腹パンパン。

拡大すると、外鰓がカワイイ!!







16:56 | 投票する | 投票数(1)
2021/04/28

4/27 安曇川オオサンショウウオ幼生調査

| by:o_saito
4/27 水戸先生と学生さんたちが、安曇川にオオサンショウウオ幼生調査に行ってくれました。
これまで、オオサンショウウオは全く見つかっていません。
交雑個体も見つけ出したいし、頑張ってほしい。

頑張って探しています。

まだ水は冷たい。

今回は、ついに潜って探しました。が、結局、見つからなかった。
何処にいるんだろう??
10:10 | 投票する | 投票数(0)
12345


〒526-0829 滋賀県長浜市田村町1266 TEL 0749-64-8100(代)/ FAX 0749-64-8140