トップページ > 動物分子生物学研究室 

訪問者数

COUNTER21851
長浜バイオ大学 アニマルバイオサイエンス学科 動物分子生物学研究室
Laboratory for Animal Molecular Biology
Department of Animal Bio-Science, Faculty of Bio-Science, Nagahama Institute of Bio-Science and Technology, 1266 Tamura-cho, Nagahama-shi, Shiga 526-0829, Japan

感覚多様性の分子生物学と希少動物調査の研究室です。

 


 
お知らせ
12345
2020/12/20

12/20 山は雪化粧

| by:o_saito
12/20 山は雪化粧!
平地は温かいけど、周辺の山々は雪化粧。メチャきれいだ。

伊吹山、見事だ!! スキーヤーは大喜びだろう。

14:44 | 投票する | 投票数(0)
2020/12/01

11/28(土)米原クリーンセンサー内ビオトープ生き物調査

| by:o_saito
11/28(土)アニマルバイオサイエンス学科1回生講義の湖北動物プロジェクトで、
米原市にあるクリーンセンサー内のビオトープで生き物調査を実施しました。
田んぼと大湿地が広がっていて生き物の宝庫だった「千石谷」に、
2015年に最終処分場・ウイングプラザが出来ました。
その建設が始まる前に、長浜バイオ大学と米原高校の学生さんたちと、
生き物たちをビオトープに引っ越しました。
センターが出来た後、毎年、
湖北動物プロジェクトでビオトープ調査をしています。
まずは、集合し、説明。

胴長をはいて調査準備。ビオトープは、センター奥のAゾーンとセンター手前のBゾーンがあります。

調査開始。
天気が回復して良かった。
久しぶりの野外活動なのか、皆楽しそう。

生き物発見に歓声が上がっていました。

小一時間後、採集調査は終了。これから種同定です。どんな水生動物がいたでしょうか?

種同定中。結構、初めてみるヤゴや魚類がいたようで、皆熱心です。

なんだろう?

Aゾーンでは沢山のホトケドジョウと、何と亀!!
Bゾーンには、たくさんのメダカとマツモムシ。ヤゴもAとBでかなり違いました。

調査結果はまとめて発表してもらいます。ご苦労様。
帰り支度。




















11:00 | 投票する | 投票数(0)
2020/11/15

10/31(土)ヤマトサンショウウオ保護池清掃

| by:o_saito
10/31(土)、長浜バイオ大学のアニマルバイオサイエンス学科1回生講義の湖北動物プロジェクト1aで「ヤマトサンショウウオ保護池清掃」を実施。
コロナ対策の為、人数を減らしての実施です。
春に保護池で今年は、希少種ヤマトサンショウウオの34個の産卵があり、その後、夏にかけ幼生期をこの保護池で過ごして、変態後田村山に帰っていっています。次年の為、毎年保護池の清掃と天敵退治をしています。まずは、池周りのゴミ清掃。

池の水をバケツリレーでくみ出します。

網を通して、天敵の侵入を探します。

湖北動物プロジェクトの学生さん、熱心に探しています。小さい悪者も見つけてください。

やっぱりいました。アメリカザリガニ!

次は、池を洗う為の水を、70メール離れた手押しの井戸から、またバケツリレーで運びます。
いつも手伝ってくれる地域の方、ありがとうございます!
保護池となりの電動ポンプ付き井戸は、7年目で故障してしまいました。

今度は、長いバケツリレー。大変でした。
皆さん、ご苦労様でした。
湖北動物プロジェクトの学生さんは、続いて他の水路の生き物調査に向かいました。
どんな魚類や生き物がいたのか?、楽しみです。




14:51 | 投票する | 投票数(0)
2020/11/09

10/28 高時小でオオサンショウウオ学習会

| by:o_saito
10/28 午前、高時小でオオサンショウウオの学習会をして来ました。
齊藤、水戸助手、4回生・松永君、4回生祢酒さんで行きました。
オオサンショウウオが身近にいる素晴らしい環境で、皆熱心でした。

オオサンショウウオ調査の仕方も学習しました。
こうやってICチップをリーダーで読み取ります。

ヤマトサンショウウオ、モリアオガエルなどの両生類も観察しました。

楽しそうです。

オオサンショウウオ研究者が出るといいな。









11:36 | 投票する | 投票数(3)
2020/10/31

10/30 織田さん@イエール大

| by:o_saito
10/30 卒業生の織田さんは、コロナの中、
無事アメリカのイエール大のSlav Bagriantsev先生のラボに到着したようです。
元気で頑張っていると連絡がありました。

12:12 | 投票する | 投票数(0)
2020/10/21

10/21 琵琶湖博物館・企画展示に田村山生き物ネットワーク

| by:o_saito
10/21 琵琶湖博物館で開催中の企画展示
「守りたい少なくなった生き物たち」で
田村山生き物ネットワークのヤマトサンショウウオ保護が紹介されています。

10:00 | 投票する | 投票数(0)
2020/10/03

10/1 齊藤研の大先輩・増保君の論文がCellに

| by:o_saito
10/1、アメリカ・フロリダのスクリプト研究所にいる齊藤研究室の大先輩・増保君の
論文が「Cell」に掲載されました。バイオ大で一緒にやっていたRGSの論文です。
素晴らしい!!!
Cell 183,1–19, October 15, 2020

A Global Map of G Protein SignalingRegulation by RGS Proteins

Ikuo Masuho, Santhanam Balaji, Brian S.Muntean, Nickolas K. Skamangas,

Sreenivas Chavali, John J.G. Tesmer, M.Madan Babu, and Kirill A. Martemyanov


11:27 | 投票する | 投票数(0)
2020/10/01

10/1 ヤマトサンショウウオ実験池

| by:o_saito
10/1、久しぶりにヤマトサンショウウオ実験池を見に行った。
とうに幼生は上陸している筈。
まず、目に付いたのは彼岸花! 元からあったかな--?
誰かが植えた? 結構、かっこよく咲いている。
落ち葉をめくったら、今年上陸したであろうかわいいチビ・ヤマトサンショウウオを
発見した。
今年は、幼生の成長がわるいのか、まだ池の中で幼生発見。

14:28 | 投票する | 投票数(0)
2020/10/01

9/27 大谷川生き物調査

| by:o_saito
今年で、7年目になる大谷川生き物調査。コロナ新型ウイルスの対策で
かなり規模縮小して行いました。
オオサンショウウオ生息河川の生き物調査です。
9:30高時小・体育館集合。
地域の子供たち家族が沢山集まってくれました。
外に出て、A班、B班に分かれて出発します。
B班も。
川に行く途中、ちょうど彼岸花がきれいでした。
A班、川に降ります。
B班も川に入ります。気を付けていきます。
お、何かいたの??
大学生に手伝ってもらって、頑張って生き物調査。
テレビも来ていました。カメラが重そうだった。
生物採集終了後、高時小に戻って生き物鑑定。
この日は、関さんと卒表生の中川君が、生き物の検定・同定をしてくれました。
A班成果。大きいカジカも発見されました。
B班成果。イシガメもいました!!
オオサンショウウオもいました!!!
お疲れ様でした。また、来年もやりましょう。

12:56 | 投票する | 投票数(0)
2020/09/04

9/4 第91回動物学会 on line D2堀君発表

| by:o_saito
9/4 第91回動物学会 on line で、D2の堀君が発表。
そもそも、on line 学会は初めてでした。
「異なる環境に生きる有尾両生類がもつTRPチャネルの機能比較」
 堀翔悟、齊藤修
研究室に居ながら、
一応スライドのような画像を15枚アップして、ポスターセッション。
誰が、何名が見に来てくれたのか、リアルタイムで分かるので、結構面白かった。
質問がチャットで入って、それに答える。
堀君は、気楽に出来て、メチャ良いと言ってました。

20:56 | 投票する | 投票数(1)
12345


〒526-0829 滋賀県長浜市田村町1266 TEL 0749-64-8100(代)/ FAX 0749-64-8140