トップページ > ようこそ > 総説など 

Shimada,T. L., Hayashi, M. and Hara-Nishimura, I. (2017) Cell biology of plant oilbodies. Plant Physiol. in press.

師匠と弟子(2016) めいこう pp 23

Kanai, M., Mano, S., Hayashi,M. and Nishimura, M. (2016) Designing novel breeding strategies for producing high-oil crops based on a molecular understanding of triacylglycerolmetabolism. In New challenges in seed biology – basic and translational research driving seed technology. (Eds. Araujo, S. and Balestrazzi, A.) INTECH,pp137-153.

林 誠(2016植物細胞−ペルオキシソーム、植物学の百科事典 (監修日本植物学会)pp 380-381、丸善出版


林 誠、山本章嗣(2016)世界一美しい植物細胞図鑑 (書評)、月刊【化学】、化学同人、東京、pp56


林 誠(2016)⑤-29 植物細胞−ペルオキシソーム、植物学の百科事典 監修 日本植物学会、丸善出版、東京、印刷中


Shibata, M., Oikawa, K., Yoshimoto, K.,Goto-Yamada, S., Mano, S, Yamada, K., Kondo, M., Hayashi, M., Sakamoto, W.,Ohsumi, Y. and Nishimura, M. (2014) Plant autophagy is responsible forperoxisomal transition and plays an important role in the maintenance ofperoxisomal quality. Autophagy 10,1-2.


林 誠 (2013) 生物学辞典第5版 担当項目 岩波書店

 

Cui, S., Mano, S., Yamada, K., Hayashi, M., and Nishimura, M. (2013). Novel proteins interacting with peroxisomal proteinreceptor PEX7 in Arabidopsis thaliana. Plant Signal. Behav. 8, e26829.

林 誠 (2010) オイルボディ(写真提供)−Photobook植物の知られざる世界 化学同人


林 誠 (2009) 植物ゲノム科学辞典 担当項目 朝倉書店

 

林 誠、西村幹夫 (2009) 植物ペルオキシソームの機能多様性とその制御 Plant Morphology 21, 41-46.  

 

Hayashi,M. and Nishimura, M. (2009) Frontiers of research onorganelle differentiationPlant Cell Physiol. 50, 1995-1999. 

Arai, Y., Fukao, Y., Hayashi, M. and Nishimura,M. (2008) Peroxisome In Plant Proteomics: Technologies, Strategies andApplications. (Eds Agrawal, K., Rakwal R.) John Wiley&Sons, New York, pp377-389.

 

林 誠 (2007) 生化学辞典 担当項目 東京化学同人


Hayashi, M. andNishimura, M. (2006)Arabidopsis thaliana - A Model Organism to Study Plant Peroxisomes. Biochim.Biophys. Acta, Mol. Cell Res. 1763, 1382-1391

 林 誠 (2006) オイルボディの構造と機能. 細胞工学別冊植物細胞工学シリーズ22 植物の細胞を観る実験プロトコール、pp. 219-220.  秀潤社、東京


林 誠、西村幹夫(2005)ポストゲノム解析拠点および生理機能解析拠点による研究推進、PlantOrganelles News Letter, 1, 2-3.

 

林 誠(2005)DNAマイクロアレイ実験事始め、PlantOrganelles News Letter, 2, 14-17.

 

林 誠、西村幹夫 (2004) タンパク質輸送からみた植物ペルオキシソーム研究の新展開、蛋白質核酸酵素2004年5月増刊『細胞における蛋白質の一生:生成・成熟・輸送・管理・分解・病態』 vol. 49, No. 7 pp. 930-932. 共立出版、東京


二藤和昌、林 誠、西村幹夫 (2003) 植物ペルオキシソームの機能分化と生合成機構 細胞内輸送研究の最前線、実験医学増刊 pp.1917-1923.  秀潤社、東京

 

Hayashi, M. and Nisimura, M.  (2003) Entering anew era of research on plant peroxisomes. Cur. Opin. Plant Sci.  6, 577-582.

 

林 誠(2003) 光合成事典 ペルオキシソーム関連各項目 光合成研究会編、学会出版センター、東京


Hayashi, M. and Nishimura, M.  (2002) Genetic approaches to understand plant peroxisomes.  InPlant peroxisome. (Eds. Baker, A., Graham, I.) KluwerAcademic Publishers, Dordrecht. pp. 279-303.

 

山谷知行、鈴木石根、林 誠、小原実広(2002)ゲノム科学と21世紀の植物栄養学 −具体例の紹介−、日本土壌肥料学会雑誌 7369-72.

 

林 誠、西村幹夫 (2002) 1−4−1 e.ミクロボディー、生物学データ大百科事典  pp.120-126、朝倉書店、東京

 

林 誠 (2002) 4.4 ペルオキシソーム  朝倉植物生理学講座第1巻植物細胞 西村幹夫編  pp96-110 朝倉書店、東京

 

二藤和昌、林 誠、西村幹夫 (2002) ペルオキシソームの分化. 細胞工学別冊植物細胞工学シリーズ17 植物オルガネラの分化と多様性、pp. 139-149. 秀潤社、東京

 

林 誠、西村幹夫(2002)脂肪性種子植物における脂肪酸分解の欠損とその影響、バイオサイエンスとインダストリー 60,9-10.  


Hayashi, M. (2000)  Plant peroxisomes;molecular basis of the regulation of their functions.  J. Plant Res.  113,103-109

 

林 誠 (2000) GFPを用いてタンパク質の動きや輸送を見る  連載講座「見る」生物学−4、化学と生物、38、386-389.

 

林 誠 (2000) 高等植物ペルオキシソームに秘められた未知なる機能、化学と生物、38、602-603.

 

Hayashi, M., Toriyama, K., Kondo, M., Kato, A., Mano, S., De Bellis, L., Ishimaru,Y., Yamaguchi, K., Hayashi, H. and Nishimura, M.  (2000) Functional transformation of plant peroxisomes.  Cell Biochem.Biophys.  32,295-304.  

 

Kato, A., Hayashi, M., Kondo, M. andNishimura, M.  (2000)  Transport of peroxisomal proteins that aresynthesized as large precursors in plants.  Cell Biochem.Biophys.  32,269-275.  

Mano, S., Hayashi, M. and Nishimura, M.  (2000) A leaf-peroxisomal protein, hydroxypyruvate reductase, is produced bylight-regulated alternative splicing.  Cell Biochem. Biophys.  32, 147-154. 


Nishimura, M., Hayashi, M., Kato, A., Mano,S., Hayashi, H., Yamaguchi, K., Nito, K. and Fukao, Y. (1999) Genes fordegradation of storage oil and their application to oil biotechnology.  The 13th symposium on PlantBiotechnology  13, 37-40.  


林 誠 (1998) 大腸菌での発現系. 細胞工学別冊植物細胞工学シリーズ8 植物のタンパク質実験プロトコール、pp.10-21.  秀潤社、東京

 

Nishimura, M., Hayashi, M., Toriyama, K.,Kato, A., Mano, S., Yamaguchi, K., Kondo, M. and Hayashi, H. (1998)  Peroxisome Defective Mutants of Arabidopsis. J. Plant Res.  111, 329-332. 

 

林 誠(1998)高等植物ミクロボディ機能調節機構の分子遺伝学的解析. 日産科学振興財団研究報告書 21pp. 160-164

林 誠 (1997) 間接蛍光抗体法. 細胞工学別冊植物細胞工学シリーズ6 植物の細胞を観る実験プロトコール−遺伝子発現から細胞内構造・機能まで、pp.86-94.  秀潤社、東京

 

林 誠、西村幹夫 (1997) 3.3 ミクロボディ  シリーズ分子生物学 5巻 植物分子生物学 山田康之編   pp.75-81.  朝倉書店、東京

 

Nishimura, M., Hayashi, M., Kato, A.,Yamaguchi, K. and Mano, S.  (1996)  Functional transformation of microbodies inhigher plant cells.  Cell Struct. Funct.21,387-393.  

Hayashi, M., De Bellis L. and Nishimura, M.(1995)  Molecular characterization ofaconitase in etiolated pumpkin cotyledons.  In PlantLipid Metabolism (eds. J.-C. Kader and P. Mazliak)  Kluwer Academic Publishers, Dordrecht, pp.485-487. 

林 誠、西村幹夫 (1993) ミクロボディ機能変換の分子機構. 植物細胞工学 5、pp.357-365.  秀潤社、東京

Akazawa, T., Yamaguchi, J. and Hayashi, M.(1990)  Rice α-amylase and gibberellin action-a personal view.  In Gibberelins (eds. Takahashi, N., Phinney B.O. and MacMillan, J.) Springer-Verlag, New York, USA. pp. 114-124. 

Akazawa, T., Mitsui, T. and Hayashi, M.(1988)  Recent progress in α-amylase biosynthesis. In The Biochemistry of Plants. Vol. 14. (ed. Preiss, J.) Academic Press, San Diego.  pp. 465-492.

 


〒526-0829 滋賀県長浜市田村町1266 TEL 0749-64-8100(代)/ FAX 0749-64-8140